「X-UP」シンプルな技をより深く、よりかっこよく|奥深きフリースタイルトリックの世界

  • PHOTO&MOVIE
  • HOW TO
  • COLUMN
FROM Naoki Gaman2442 views

こんばんは!SnowscootMagazine編集担当のナオキングことガマンナオキです。
今年も残すところあと1週間…この時期は、今年中にやっておきたいことに囲まれてバタバタしがちですが、昨日ほんの少しだけですが初滑りしてくることができました。

全国的に雪不足の今シーズン。青森県も例外ではなく、県内のスキー場はほとんどがOPENを延期している状況ですが、岩手県の奥中山スキー場予想より良い雪質で、サイズは小さいものの2連ヒップ&3連キッカーやBOXまでありました。ちょっと遠かったけど、シーズン初日からキッカーが飛べて幸せです。

そんな大満足のシーズンインを終え、キッカーでのトリックについて考えを巡らせている中で、How toとはまた別で、ひとつひとつのトリックのかっこよさを追求する、そんなテーマの記事があってもいいかなと思いこれを書いています。
そんな訳で突如始めちゃいます「奥深きフリースタイルトリックの世界シリーズ」、第1弾は、「X-up」!色んなところで撮ってきたBMXの写真も一緒にご紹介します!

 

●X-upとは

X-up(エックスアップ)は、空中でハンドルを180°ひねるトリック。BMXがルーツです。ハンドルをひねることで腕がクロスされ、「X」の形になるのでエックスアップです。クロスアップと呼ぶこともありますが、海外のBMXの大会ではMCがいつもエックスアップと言っているので世界的にはエックスアップと呼ぶほうが主流のようです。

 

●X-upのやり方

(ストレートジャンプが綺麗に飛べるようになっている前提で)飛んで、頂点でハンドルを180°ひねる!それだけです。それだけなのに、難しい…
ハンドルをひねるためには身体とハンドルの間にスペースが必要なので、足を伸ばし上半身は覆いかぶさるようにします。横から見ると「くの字」になるようなイメージです。

BMXではわたしは見たことがありませんが、スノースクートの場合フットストラップで足が固定されているからか、空中で足をガニ股にすることでスペースをつくりX-upをするライダーさんもいます。アグレッシブな感になるし、好みだと思いますが、BMX好きのわたしは足が伸びているほうが好きで、そっちを目指してます。シュッとしたい。
また、ハンドルバーの幅は狭いほうがやりやすいのですが、大きいハンドルでX-upすると動きが大きく見えてかっこいいと思うのでわたしはバーはそんなに狭くしていません。(これも好み)

参考に、BMXでのX-upのHow toを貼っておきます。英語ですが見ているだけでわかりやすいのでぜひ!近いうちに日本語でのスノースクートのHow toも作りますね。

●過去最高のMy X-up(不完全)

Photo:Takashi Gaman / @八甲田パーク

こちらがわたし史上最高に「入った」エックスアップ(のようなもの)の写真。
180°まであと少し…というところですが左手が変な方向に行ってて「X」になっていません。この手でこれ以上入れるのはなかなか難しい。手が短いから難しいのかと思い悩んだこともありますが、海外の同じくらいの身長の女子BMXライダーはちゃんとできているのでそういう訳ではないようです。もっと足を伸ばして覆いかぶさり、左手を下方向に向ければいけるはず。覆いかぶさるとノーズダイブしてるような感覚になるからちょっと怖いんですよね〜(ノーズダイブ:飛んだ後前下がりで着地面に合わせていくこと。かっこいいけどやりすぎて失敗すると顔着する。)

ちなみに「入る」というのは、こういったひねり系のトリックの時によく使う言葉で、どのくらいひねることができているか、の度合いのことを言います。ちなみに「入った」状態をキープする時間は長ければ長いほどかっこよく、「固める」と言ったりします。
固めるのは気持ちいいんですけどね。わたしは入っていない状態で固めてしまうことが多いので改善しなければ、です。

●Jykk SnowscootライダーのX-up

Jykkのベテランライダー我満隆のX-up。180°以上深く入ってますね。ストレートジャンプではなくヒップ(側面に着地する形状)の地形でやっているのもポイントです。

Photo:Naoki Gaman/八甲田某所

こちらは同じくJykkライダー麻生航太のX-up。入りすぎてて意味がわかりません。50°くらい分けてほしい。

Photo:Naoki Gaman/G-trail

●BMXのかっこいいX-up

秋田県のBMXライダー「ムック」のX-up。ハンドルの入りっぷりもすごいけど身体とBMXが斜めになる感じもかっこいい!ムックのX-upは一度反対側に少しひねってから勢いをつけて入れるので動きも独特でおしゃれです。スノーボードがうまいムック、スノースクートもやったらすごそう…(やってほしい)

Photo:Naoki Gaman/岩手県九戸村コロポックルランド

ロシアの女性BMXライダーЕlizaveta Posadskikh(リザ)のX-up。わたしは身長152cmですがリザもそのくらいかもっと小さいかも?リーチもそんなに変わらないのにこんなに綺麗に入るなんてリスペクトしかありません。彼女はバースピンもうまい。

Photo:Naoki Gaman/クロアチア・オシエク


アルゼンチンの女性BMXライダーAnalia Zacarias(アナリア)のX-up。入ってる〜!!!本人的にも史上最高に入ったみたいで大喜びでした。よく見ると右足がペダルから離れているから、ワンフットX-upですね。

Photo:Naoki Gaman/中国・成都

進化系のワンフットX-upをわかりやすい角度から。スイスの女性BMXライダーNikita Ducarroz(ニキータ)です。こちらはストレートジャンプではなくクォーターでのトリック。スノーの世界だとハーフパイプでトリックしているみたいな感じですね。X-upはこんな感じの組み合わせも可能で、他には片手を離したワンハンドX-upなどもあります。ニキータはクォーターでのワンフット○○とかワンハンド○○とかが本当にかっこいい!

Photo:Naoki Gaman/アメリカ・ハンティントンビーチVANSパーク

最後はフランスのJorisCoulombで、このマガジンでもおすすめハンドルバーステムなどの記事で度々紹介しているBMXブランドSubrosaのライダーです。X-upと言って良いのかいまいち謎ですがレールでのトリック。ペグがないスノースクートではちょっと難しいですが、何かのヒントになるかも…??クリエイティブなライダーがいつかスノースクートのJIBで何かやってくれることを勝手に期待してます。

Photo:Naoki Gaman/エストニア・タリン

今回は、勝手にはじまった「奥深きフリースタイルトリックの世界シリーズ」ということで、X-upについてご紹介しました。
180°ひねることができたらそれはもうX-up!だけどそれ以上のものを求めて追求していくのもまたフリースタイルの面白さです。

X-upの練習自体はそんなに危険なことはなく、ストレートジャンプが飛べるライダーならまずは空中でちょっと動いてみるところからはじめて、徐々に角度を増やしていけば大きなクラッシュをすることもほぼありません。(いきなり思いっきり入れてみたら戻せなくなってそのまま着地、大クラッシュしたという話を聞いたことがあるので徐々にやりましょう。笑)

ハンドルを少しでもひねることができれば、少しのギャップやバニーホップなどでもちょっとひねって遊べて楽しいですよ!ぜひみなさんチャレンジしてみてくださいね!!

関連記事一覧

RIDING REPORTFROM RIDER

面ツルパウダーにドロップイン!スノースクートで晴天八甲田山バックカントリーツアー

JYKK SNOWSCOOT ライダーの我満隆です。 2月12日は八甲田山バックカントリーツアーへ行ってきました! 僕の…

FROM 我満 隆 2317 views
PHOTO&MOVIE

「ATSX 1000 Yokohama 2020 – Red Bull Ice Cross World Championship」|フォト&ムービーセレクション

こんにちは。BMXライダー兼ジックスタッフのヒデオです。 フォト&ムービーセレクションという事で、個人的な目線で…

FROM 渡邉英雄 1629 views
COLUMN

もはや常識!あなたの身を守るヘルメットの重要性!

先週末、今シーズン初滑りをしてきましたJYKKスタッフの吉田です。 シーズン初めは特にカラダが鈍っている中、ケガはしたく…

FROM 吉田コオ 2244 views
PRODUCTS

ベストセラーモデル「ONE-D」が最も好まれる理由とは!?

こんにちは!ジック・スタッフの吉田です! 関東では冬の訪れを感じるような気温が続き、スノースクート のお問い合わせも日に…

FROM 吉田コオ 1238 views
PHOTO&MOVIE

「SEBASTIEN BABINEAU – 20 tireslides in 35 secondes」|フォト&ムービーセレクション

こんばんは。BMXライダー兼ジックスタッフのヒデオです。 フォト&ムービーセレクションという事で、個人的な目線で…

FROM 渡邉英雄 1320 views
RIDING REPORTFROM RIDER

北海道白い恋人PARK AIRトリップレポート後編|富良野スキー場&南ふらのスキー場

こんばんは!JykkSnowscootライダーの小栗です。 引き続き、2月の前半に行った北海道トリップの様子をお伝えして…

FROM 小栗 '白石' 貴大 1417 views
PRODUCTS

そろそろ替え時?手軽なカスタムにも最適なスノースクートにオススメのグリップをご紹介!

スノースクートの消耗品の一つであるグリップ。手に直接触れる部分なので、握り心地やグリップ力の違いでライディングにも影響し…

FROM 吉田コオ 2558 views
COLUMNFROM RIDER

人気のオフトレ施設「大阪キングス」でテストジャンプ!!スノースクート解禁を目指して動いてみます

こんにちは!コウタです! 4月にシーズンオフして、6月からウォータージャンプでのオフトレ開始。 だいたい週1〜2で練習を…

FROM 麻生航太 1280 views

人気記事ランキング

HOW TO

基本がわかれば安全に練習できる!初心者向けスノースクートの滑…

8206 views
MAINTENANCEHOW TO

How toメンテナンス|Snowscootのエッジ調整をし…

7451 views
MAINTENANCE

How to メンテナンス|スノースクート唯一のベアリングパ…

5589 views
PRODUCTSHOW TO

【2019年版】スノースクート用ハンドルバーの選び方・人気B…

5424 views
PHOTO&MOVIECOLUMN

「Can-Can / No Foot Can-Can 」足の…

5119 views
PRODUCTSHOW TO

19-20シーズンスノースクート完成車の選び方|各モデルの違…

4687 views
MAINTENANCEHOW TO

How toメンテナンス|Snowscootのエッジ調整をし…

4611 views
PRODUCTSCOLUMNFROM RIDER

初心者におすすめのモデルを徹底検証!はじめてのSnowsco…

4407 views
PRODUCTSHOW TO

乗り味が大きく変化する!スノースクートのカスタムに最適なBM…

4382 views
HOW TOCOLUMN

Snowscoot × BMX!!ゲレンデで遊ぶ!BMXライ…

4070 views
HOW TO

スノーボードやスキーとほぼ一緒でOK!スノースクートをするた…

4038 views
HOW TO

難しそうに見えるけど実は簡単!スノースクートでリフトに乗ろう…

4022 views
PRODUCTSCOLUMNFROM RIDER

自分に合ったポジションにするともっと乗りやすくなる!Snow…

3921 views
PRODUCTSCOLUMNFROM RIDER

カスタムSnowscoot|[BSD Gorilla Gri…

3761 views
MAINTENANCEHOW TO

How toメンテナンス|滑りが変わる!初めてでもできるSn…

3197 views

掲載時期別に見る

フリーワード検索