そろそろ替え時?手軽なカスタムにも最適なスノースクートにオススメのグリップをご紹介!

  • PRODUCTS
FROM 吉田コオ324 views

スノースクートの消耗品の一つであるグリップ。手に直接触れる部分なので、握り心地やグリップ力の違いでライディングにも影響してくる重要なパーツです。

BMXの場合トリックをするために負担がかかりますし、素手で握るライダーも多く、プロでなくても一月もしないうちに擦り切れてしまうというライダーもいます。スノースクートの場合はグローブをすることもありそこまで激しく消耗することはありませんが、BMX同様にグリップに負担のかかる激しいトリックを行うフリースタイルライダーや、練習量の多い人は消耗も早くなるでしょう。
グリップのパターンが摩耗すると、手を滑らせやすくなってしまい、怪我や事故にも繋がりかねないので定期的な交換をお勧めいたします。

消耗していなくても、グリップには様々な種類や色、パターンがありますので、手軽なカスタマイズとしてグリップ交換でドレスアップ、というのもいいですよね。

というわけで、この記事では、スノースクートに最適なグリップの種類や選び方を説明します。

スポーツサイクルのハンドルバー径には、いくつかサイズの種類がありますが、純正のスノースクートのハンドルバーの場合、BMXのハンドルと同様の径で22.2mmとなります。

雪山で乗るスノースクートに最適なグリップは下記のタイプとなります。

ロックオングリップ

グリップの端にボルト締めリングがついているので水が侵入しても回ってしまうことがなく、強力にグリップを固定できます。またグリップ自体の抜き差しも容易で交換作業も楽々です。

ラバーグリップ

BMXに多く用いられるこのタイプは、サイズやカラーが豊富でカスタムに最適です。握り心地も様々なので、好みに合わせてこだわりたいライダーにも人気。
そのまま使用すると水分が入って回ってしまいますが、両端をワイヤリングをして固定すると、雪山でも滑ることなく使えます。

ワイヤリングはペンチでも可能ですが、ワイヤーツイスターという専用工具があるとより楽にワイヤリングができます。自分でやるのが不安、という方はショップへご相談ください。

スポーツバイクで多様されるバーテープは、粘着テープでの固定のため水分により剥離しやすく、雪山での使用に不向きなため使用しているユーザーは少ないようです。スポンジタイプのグリップも吸水してしまうので、不向きとなります。

スノースクートにオススメのグリップをご紹介

SS Lock on Grip

スノースクート完成車に標準で装備されているロックオンタイプのグリップです。グリップの横幅 は155mm(クランプ部分含む)となっています。

Jykk Online storeで購入

 

 

 

Flybikes Sergio Grip

スペインの老舗BMXブランドFlybikesのSergio Gripは、1本のグリップをカットして使用します。
長さは350mmなので、175mmまで対応!2本買いでさらにロングに使用可能!

Jykk Online storeで購入

 

BSD DUNK Grip

バスケットボールのパターンに似た粒状のパターンが特徴的なこのグリップ。比較的薄く、小さな手の方にもオススメ!

Jykk Online storeで購入

 

SUBROSA Griffin Grip

フラットなフランジレスとスモールフランジの組み合わせは、ライダーに多くの選択肢を与えてくれます。また左右、内外を入れ替え取り付けることで好みのグリップ感を得ることができます。ソフトで耐久性のあるDCR(ドライ・コンパウンド・ラバー)を使用しグリップの寿命もアップ!
※DCRはゴルフクラブなどにも使用されている素材で、濡れても滑りにくいためスノースクートにも最適です。
※フランジとは、グリップの内側についている耳のような部分のことです。この写真だと、上側がフランジレス、下側がスモールフランジ、ということになります。フランジがあると握る場所がわかりやすい、無いとブレーキレバーが干渉しにくい(BMXの場合)、バースピンなどの手を離すトリックをした際にちょっとズレて握ってしまっても大丈夫、などそれぞれ色々なメリットがありますが、見た目の好みで選んでいるライダーも多いです。

Jykk Online storeで購入

 

FEDERAL  Command Grip

FEDERALのロゴをモチーフに縦横のパターンが交わったデザイン。ソフトな握り心地ながら、厚みもありしっかりとしたグリップ感があります。

Jykk Online storeで購入

 

 

 

豊富なカラーやモデルのあるグリップ。お使いのグローブとの相性もありますので、他のライダーのグリップを握らせてもらったり、ショップで吟味したりしてぜひ、お好みに合わせて使い比べてみてください。
パーツを変えることで愛着もわき、より気持ちのいいライディングができるでしょう!

関連記事一覧

PRODUCTSHOW TOFROM RIDER

我満 隆 ブーツ編|Jykkライダーが使用しているSnowscootに最適なウィンタースポーツギア

ジックスノースクート ライダーのガマンタカシです。 今回は僕のライディングスタイルに欠かせない大事な大事な(大事なので2…

FROM 我満 隆 470 views
SCHOOLFROM RIDER

たくさんのお客さんが遊びに来てくれた3連休!今シーズンは苗場でお待ちしています!!

こんにちは!!コウタです!! 今週末の3連休も多くのお客さんが苗場に遊びに来てくれました!! スノースクートステーション…

FROM 麻生航太 306 views
PHOTO&MOVIE

Sebastien Babineau「COLD CANDY 3」|フォト&ムービーセレクション

こんにちは。BMXライダー兼ジックスタッフのヒデオです。 フォト&ムービーセレクションという事で、個人的な目線で…

FROM 渡邉英雄 206 views
PRODUCTSCOLUMNFROM RIDER

我満 隆が語るシグネチャーモデル「Style-G」ボード編|特性の解説から開発時の想いまで

JYKK SNOWSCOOT ライダーの我満隆です。 今回はSTYLE-Gモデルに標準装備されるG-2ボードについて解説…

FROM 我満 隆 535 views
COLUMNFROM RIDER

シーズン中こそオススメ”スノーヴァ羽島”でゆっくり練習&足慣らし

こんにちは!小栗’白石’貴大です。 僕は普段スノーヴァ羽島でオフトレをしていますが、シーズン中も…

FROM 小栗 '白石' 貴大 302 views
COLUMN

「Turndown / Lookdown」スノースクートでの難易度高め!終わりのない捻り系トリック|奥深きフリースタイルトリックの世界

こんばんは!SnowscootMagazine編集担当のナオキングことガマンナオキです。 本日は「奥深きフリースタイルト…

FROM Naoki Gaman 327 views
HISTORYCOLUMNFROM RIDER

我満隆のスノースクートヒストリー「後編」|スノースクート業界の歴史的な出来事とその後

こんにちは! Jykk SNOWSCOOTライダーのガマンタカシです。 今日は昨日の続き、ガマンタカシがスノースクートを…

FROM 我満 隆 785 views
SETTINGPRODUCTSFROM RIDER

カスタムSnowscoot| Jykkライダー我満隆のスノースクート用ハンドルバーの話「高さのカスタム編」

JYKK SNOWSCOOT ライダーのガマンタカシです。 前回のマガジンでは僕が使用しているハンドルバーの幅について書…

FROM 我満 隆 437 views

人気記事ランキング

PRODUCTSCOLUMNFROM RIDER

初心者におすすめのモデルを徹底検証!はじめてのSnowsco…

1670 views
HOW TOCOLUMN

Snowscoot × BMX!!ゲレンデで遊ぶ!BMXライ…

1377 views
PRODUCTSCOLUMNFROM RIDER

自分に合ったポジションにするともっと乗りやすくなる!Snow…

1360 views
PRODUCTSHOW TO

19-20シーズンスノースクート完成車の選び方|各モデルの違…

1268 views
PRODUCTSCOLUMNFROM RIDER

カスタムSnowscoot|[BSD Gorilla Gri…

1190 views
COLUMNFROM RIDER

This is my Hometown!! 八甲田バックカン…

1027 views
HOW TO

基本がわかれば安全に練習できる!スノースクートの滑り方(はじ…

966 views
PRODUCTSFROM RIDER

インタースタイル行ってきました!&純正パーツ"フットストラッ…

962 views
PHOTO&MOVIECOLUMNFROM RIDER

「snowscoot Kota Aso 2018-2019」…

910 views
PHOTO&MOVIECOLUMNFROM RIDER

オフシーズンの過ごし方|麻生 航太編vol.2「スノーヴァ羽…

891 views

掲載時期別に見る

フリーワード検索